Tribute to The Jacksons

"Hempstead High" / A+
「Enjoy Yourself」で、ウォルター・マーフィーのヒット曲「A Fifth Of Beethoven(ベートーベンの「運命」)」をバックに、ジャクソンズの「Enjoy Yourself」の歌詞を引用。


"Backstreet Boys" / Backstreet Boys
「Let's Have A Party」で「Enjoy Yourself」をサンプリング。


"Get Into You" / Dannii Minogue
ジャクソンズのファースト・アルバムからのヒット「Show You The Way To Go」をカバー。


"Personal" / Men Of Vizion
MJJミュージックからデビュー。「Show You The Way To Go」をカバー。


"Live At The Bottom Line" / Patti Austin
マイケルと「It's The Falling In Love」をデュエットしたパティ・オースティンのライヴ盤。「Jump For Joy」をカバー。


"You Don't Know Me" / Jack Brass Band
「Shake Your Body」をジャズでアレンジしたカバーを収録。


"Shake Ya Body" / N-Trance
「Shake Your Body」をカバーしたシングル。


"Hotshot" / Shaggy
ジャム&ルイスのプロデュースによる「Dance & Shout」で「Shake Your Body」をサンプリング。


"That's The Way I Like It" / various artists
映画のサウンドトラック。Kevin Vergheseが「Shake Your Body」をカバー。


"Mississippi - The Album" / David Banner
「Cadillac On 22's」で「Destiny」をサンプリング。


"Finally" / Blackstreet
「Can You Feel Me」で「Can You Feel It」をサンプリング。


"Feel It" / The Tamperer
「Can You Feel It」をサンプリングしたシングル。


"Peaceful Journey" / Heavy D & The Boyz
マイケルの「Jam」にも参加しているラッパー。タイトル曲で「Heartbreak Hotel」をサンプリング。


"Ideal" / Ideal
「Creep Inn」で「Heartbreak Hotel」のイントロのチェロをサンプリング。


"Quo" / Quo
MJJミュージックからデビューしたラップ・デュオ。「Quo Funk」で「Heartbreak Hotel」をサンプリング。マイケル自身も新たに歌声をレコーディング。


"Sound Advice" / Patti Austin
グレッグ・フィリンゲインズのプロデュースによる「Give It Up」を収録。


△TRIBUTE TO MJ INDEX