2015年・下半期



2015/12/22
スパイク・リーが自身のフェイスブックで「Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall」のイメージ画像を公開。


2015/12/17
全米レコード協会(RIAA)は、米国内におけるアルバム「Thriller」(1982年リリース)の売り上げ枚数が3000万枚に達したと発表。これにより、12月16日付けで「Thriller」は史上初めての30×プラチナ・アルバム(100万枚売り上げ)に認定された。

RIAA会長のケアリー・シャーマンは「RIAAは音楽ビジネスの代表として、60年近くにわたってゴールド・レコード(50万枚売り上げ)、そしてプラチナ・レコードの認定を続けてきましたが、1人のアーティストが30×プラチナの水準に到達したのは史上初めての事です。ゴールドとプラチナの歴史における『Thriller』の特別な地位を祝福できて光栄です」とコメント。「Thriller」は1984年10月30日にも、史上初の20×プラチナ・アルバムとして認定されていた。


2015/12/8
ユタ州パークシティで来年1月21〜31日の日程で開催される第32回サンダンス映画祭で、スパイク・リーが監督を務めるドキュメンタリー「Michael Jackson's Journey from Motown to Off the Wall」が上映される。この作品は、マイケルのインディアナ州ゲイリーでの少年時代からモータウン・レコードでのデビューを経て、CBSレコードへ移籍後にクインシー・ジョーンズと出会い、自身初の本格的なソロ・プロジェクト「Off The Wall」の成功によりマイケルがキング・オブ・ポップとなってゆく過程を描く。

上映時間は110分、プロデューサーはリーの他、MJエステートのジョン・ブランカとジョン・マクレーン。リーはハリウッド・リポーター誌とのインタビューで「僕はもう『Bad25』もやったし、エステートが今度は『Thriller』も頼む、と声をかけてきてくれるといいな。そうすれば三部作の完成だよ」と語っている。


2015/10/27
米経済誌フォーブスが毎年恒例の「著名な故人の長者番付」を発表し、マイケルが3年連続でトップに。ラスベガスでの常設公演「Michael Jackson ONE」や、ソニーとの合弁会社であるソニー/ATVミュージックパブリッシングからの著作権使用料などによる過去1年間の推定収入額は、1億1500万ドル(約138億円)。マイケルがこの番付のトップを飾るのは、エリザベス・テイラーに首位を譲った2012年を除いて通算5回目。


2015/10/7
ポール・マッカートニーの公式Facebookで「Say Say Say (2015 Remix)」の映像が公開された。監督・振付はライアン・ハフィントン。


2015/10/3
オリコンの10月2日付デイリーCDアルバムランキングに、ポール・マッカートニーの「Pipes Of Peace デラックス・エディション」(2日発売)が5位で初登場。同時に、ジャネットの新作「Unbreakable」(3日発売)も9位で初登場。


2015/8/3
先月26日からサンパウロのアルベルト・アインシュタイン病院に入院していたジョーが、この日退院。病院の広報担当者によると、退院を許可できるほどに病状が回復したため。今月31日から始まる北米ツアーの準備を中断したジャネットが、ジョーに付き添うため現地入りしていた。


2015/7/30
ポール・マッカートニーのアルバム「Pipes Of Peace」(1983年)を新たにリマスタリングしたリイシュー盤が10月2日にリリースされる。このアルバムでマイケルは「Say Say Say」と「The Man」の2曲に作曲・デュエットで参加。今回発売されるリイシュー盤には、ポールとマイケルの未公開ヴォーカルを使用した「Say Say Say」の2015年リミックスを収録。さらに、DVD付きのスーパー・デラックス・エディションには「Say Say Say」のミュージックビデオの他、1981年にマイケルがポールの牧場を訪れた際のホームムービーを編集した「The Man」も収録される。


2015/7/27
サンパウロで脳卒中のため緊急入院となったジョーが、手術を受けた事が明らかに。病院到着後のジョーは脈拍が3度にわたって停止するなど極端な不整脈を起こしていたため、医師団は心臓ペースメーカーを埋め込む手術を行った。ジョーの広報担当のエンジェル・ホワンスキーによると、現在も集中治療室に滞在しているという。「今のところ彼の容体は安定していますが、危険な状態を脱したわけではありません」。

その後ジョーはホワンスキーを通じ、自身のサイトに感謝のメッセージを寄せた。「家族、友人・知人、そして世界中のファンの皆さんへ。この苦しい時に皆さんが捧げてくれた祈り、揺るぎない支援、親切な心配りに感謝したいと思います。神のおかげで、アルベルト・アインシュタイン病院の素晴らしい医師、看護師、世話人の方々が、きめ細かい処置を施してくれました。順調にいけば、早めに回復して帰国できるはずです。皆さんの祈りと支援に、改めて感謝します」。

ジャーメイン:
「父への愛と祈りに感謝します。心臓の手術の後、父は引き続き入院中で『非常に元気』との事です。医師によると心不全が軽度の脳卒中を引き起こしたそうです。ありがたい事に脳の画像検査の結果、『当初恐れられていたほど悪くはない』と判明しました。アルベルト・アインシュタイン病院の素晴らしい執刀医、医師、看護師の方々には心から感謝しています」。

ラトーヤ:
「父、ジョーを心配してくれて、祈りを捧げてくれてありがとうございます。父はかなり回復してきています!改めて感謝します。引き続き祈りを捧げて下さい」。


2015/7/26
ブラジルのサンパウロを訪問中のジョーが、脳卒中のため緊急入院。この日の午後、目まいや視力低下の症状を訴えたジョーは、地元のアルベルト・アインシュタイン病院の集中治療室へ収容された。病院側によると不整脈の症状もみられるというが、容体に関する詳細は不明。

ジョーは今月22日にサンパウロ入り。26日はジョーの87歳の誕生日のため、現地では盛大なパーティーが企画されていたが、本人は入院のため欠席。ジョーは2012年11月にも軽度の脳卒中で入院している。


2015/7/23
1995年からマイケルの音響エンジニアを担当してきたマイケル・プリンスがフランスのル・パリジャン紙の取材に応じ、自身が所有するマイケルの未発表曲について語った。「僕のコンピューターには20曲の未発表曲が入っている。すべてが未完成だ。今のところ曲のタイトルを伝える権利も、聴かせる権利も持っていない。マイケルはコーラスのパートを歌っていないので、もしソニーやジャクソン一家からの許可が下りてリリースされる事になったら、そこを担当してくれる誰かを探さなければならない。つまり、デュエットだよ」。

プリンスは今後もマイケルのアルバムがリリースされると信じているが、「半年ごとに新曲を出そうかと考えている」。しかしソニーは、未発表曲を集めたアルバムは現時点では準備していないという。


△INDEX