2011年・下半期



12/28
「ハピネス/Letter In The Sky feat. The Jacksons」は、発売2週目に6,355枚を売り上げ、オリコンの12年1月2日付CDシングル週間ランキングで14位に上昇。



12/21
「ハピネス/Letter In The Sky feat. The Jacksons」は、発売後1週間で8,049枚を売り上げ、オリコンの12月26日付CDシングル週間ランキングで初登場16位に。



12/19
バリー・ギブが自身の公式サイトで、マイケルとのデュエット「All In Your Name」のビデオのダウンロード販売を開始(1.99ドル)。これは、02年12月にマイアミのミドル・イヤー・スタジオで行われたレコーディング風景を収めたもの。



12/16
ジャクソンズは、成田空港16時30分発のアメリカン航空170便で帰国の途に。



12/15
ジャクソンズは、JR東京駅周辺を散策したり関係者と会食するなど、休暇を楽しんだ。

「ハピネス/Letter In The Sky feat. The Jacksons」は、オリコンの12月14日付CDシングルデイリーランキングで9位に上昇。



12/14
キャサリンが、成田空港17時5分発の日本航空62便で帰国の途に。

一方、代々木第一体育館では前日に引き続き、「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」が開催された。第2部では、前日のみの出演となった久保田利伸に代わり、JUJUが再び登場して「Billie Jean」を披露。第3部では、前日カットとなった「Letter In The Sky」もエンディングで披露された。コンサートの模様は2012年2月にMUSIC ON! TVで放送予定。

終演後、シャングリ・ラ ホテル 東京で行われたアフターパーティーには、ジャクソンズやメイシー・グレイ、トラヴィス・ペイン、ステイシー・ウォーカー、ユーコ・スミダ・ジャクソン、ジュディス・ヒルらが参加。

この日発売されたAIとジャクソンズのシングル「ハピネス/Letter In The Sky feat. The Jacksons」は、オリコンの12月13日付CDシングルデイリーランキングに15位で初登場。



12/13
代々木第一体育館で19時から「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」が開催された。貴賓席からキャサリンも見守る中、トラヴィス・ペインの挨拶でショーが開幕。ケント・モリを中心とする第1部(ダンスステージ)には仲宗根梨乃、トラヴィス・ペイン、ステイシー・ウォーカー、ユーコ・スミダ・ジャクソンを始めとする多数のダンサーが出演。

第2部(ソングステージ)には久保田利伸、JUJU、ジュディス・ヒルらが出演。アルバム「MICHAEL」から「Off The Wall」まで、時代をさかのぼる形でステージが進行した。

<第2部曲目>
01. Hold My Hand/福原美穂
02. Unbreakable/松下優也 feat. DEALZ(シギー・ジャクソン)
03. You Are Not Alone/Crystal Kay
04. Smile/トータス松本
05. Will You Be There/Skoop On Somebody
06. Remember The Time/JUJU feat. ユーコ・スミダ・ジャクソン
07. Black Or White/JAY'ED feat. WISE
08. I Just Can't Stop Loving You/ジュディス・ヒル
09. Man In The Mirror/川畑要(CHEMISTRY)
10. The Way You Make Me Feel/メイシー・グレイ
11. She's Out Of My Life/久保田利伸

そして第2部にも登場したジャッキーの長男、シギーの挨拶で第3部がスタート。ジャクソンズとAIは4人それぞれがリードヴォーカルを取り、ジャクソン・ファイヴやジャクソンズ、マイケルのヒット曲の数々を披露した。だが、会場使用時間の制約(22時まで)のため、終盤に予定されていた新曲「Letter In The Sky」や「Heal The World」はカットに。

<第3部曲目>
01. Can You Feel It
02. Blame It On The Boogie
03. I Wanna Be Where You Are
04. Rock With You
05. I Want You Back
06. ABC
07. The Love You Save
08. I'll Be There
09. Heartbreak Hotel (with Juan Pablo Castillo)
10. Don't Stop 'Til You Get Enough
11. Shake Your Body (Down To The Ground)



12/12
ジャクソンズとAIが、イベント告知のためフジテレビ「笑っていいとも!」に出演。その後、アムウェイ本社で行われた「オレンジリボンツリー・プロジェクト寄付贈呈式」ではメイシー・グレイらと共に「Santa Claus Is Coming To Town」をアカペラで披露した他、BS朝日「ベストヒットUSA 年越しスペシャル」の収録にも参加。19時からは、代々木第一体育館でリハーサル。

一方、キャサリンは都内で開かれた記者会見に出席。内閣府所管の財団法人日本広報センター内に2012年1月に設立される「マイケル・ジャクソンの子ども基金(MJCF)」への賛同を呼びかけた。同基金は宮城県石巻市に仮設シアターを設けるなど、東日本大震災の被災地支援を展開していく。



12/11
成田空港第2ターミナル17時21分着の日本航空61便でキャサリンが来日。ジャクソンズは芝浦サウンドスタジオでリハーサル。



12/10
マイケルが2006年5月に訪れた都内の児童養護施設、星美ホームをジャクソンズが訪問。寄付金を手渡した他、施設前の公園で開かれた餅つき大会にも参加し、多くの子供たちと触れ合った。その後、ノアスタジオ(都立大スタジオ)へ移動し、リハーサル。



12/9
ジャクソンズ(ジャッキー、ティト、マーロン)が、成田空港第2ターミナル16時20分着のアメリカン航空169便で来日。到着ロビーBゾーンに姿を見せた一行は、出迎えたファンとの交流に応じ、フジテレビ「めざましテレビ」の取材を受けた(写真)。都内へ移動した一行は、宿泊先のシャングリ・ラ ホテル 東京へ。



12/2
マイケルの衣装デザイナー、デニス・トンプキンスが亡くなった。トンプキンスは、相棒のマイケル・ブッシュと共に、マイケルのステージ衣装や私服のデザインおよび製作を長年にわたって手がけてきた人物。93年には「Smooth Criminal」のステージ用特殊装置(「アンチ・グラヴィティ・イリュージョン」)で、マイケル、ブッシュと連名で特許も取得している。

ブルーレイ/DVD「マイケル・ジャクソン:ライフ・オブ・アイコン 想い出をあつめて」発売。オリコンの12月1日付DVD映画デイリーランキングで初登場13位に、Blu-ray総合デイリーランキングでは初登場9位に。



11/30
アルバム「IMMORTAL」国内盤は発売後1週間で14,707枚を売り上げ、オリコンの12月5日付CDアルバム週間ランキングで初登場11位に、洋楽アルバム週間ランキングでは初登場1位に。一方、アメリカでは発売後1週間で43,000枚を売り上げ、ビルボードの12月10日付アルバムチャートで24位に、R&B・ヒップホップアルバムチャートでは5位に。



11/28
「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」の出演者リストにSkoop On Somebodyと福原美穂が追加され、最終ラインナップが確定。また、14日公演終了後、22時からシャングリ・ラ ホテル 東京27Fでアフターパーティーが開催される。



11/23
アルバム「IMMORTAL」国内盤発売。オリコンの11月22日付CDアルバムデイリーランキングで初登場7位に。



11/22
「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」に出演予定だったプリンスとパリスの来日がキャンセルに。「学業が多忙で厳しい状況になってしまい、やむを得ずイベントに参加をする事ができなくなり、とても残念に思っています。いつか改めて日本へ行き、父が行ってきたように孤児院訪問などをしたいと思います。プリンス&パリス」。



11/14
「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」の出演者リストに、ステイシー・ウォーカー、メイシー・グレイ、久保田利伸(13日公演のみ)、川畑要(CHEMISTRY)、JAY'ED、WISE、松下優也が追加された。また、スペシャルゲストとしてプリンスとパリスの登壇が決定。



11/10
クイーンのブライアン・メイがロンドン・イブニング・スタンダード紙に語ったところによると、マイケルとフレディ・マーキュリーの未発表デュエットを来年にもリリースする用意があるという。「僕らはMJエステートと話し合いを続けているんだけど、彼らも喜んでいるよ」。

マイケルとフレディは83年にロサンゼルスでレコーディングを行い、「State Of Shock」、「There Must Be More To Life Than This」、「Victory」の3曲のデモを制作。だが、その後は両者のスケジュールが合わず、結局「State Of Shock」はジャクソンズのアルバム「Victory」にマイケルとミック・ジャガーの共演バージョンが、「There Must Be More To Life Than This」はフレディのアルバム「Mr. Bad Guy」にフレディのソロバージョンが、それぞれ収録された。



11/8
ジャネットの「Alright」、マイケルの「Jam」で共演したラッパーのヘヴィ・Dが、ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターで亡くなった。44歳。ヘヴィ・D&ザ・ボーイズ時代にはジャクソンズの「Heartbreak Hotel」をサンプリングした「Peaceful Journey」を制作した他、クインシー・ジョーンズのプロデュースによるブランディの「Rock With You」にも参加。10月8日に行われた「Michael Forever: The Tribute Concert」ではラトーヤと「Jam」で共演するなど、ジャクソン一家と親交が深かった。

ジャーメイン:
「ヘヴィ・Dの訃報にショックを受けています。彼は才能にあふれた、紳士的な父親でもありました。音楽界にとって大きな損失です。ご冥福を」。

ラトーヤ:
「これはショッキングで悲劇的な損失です。私は『Michael Forever』でヘヴィ・Dと共演したばかりでした。彼はマイケルや私の友達だったのです。素晴らしい人物、パフォーマーを亡くしました。彼のご家族やファンにお悔やみを申し上げます」。



11/7
マイケルの元専属医、コンラッド・マーレーに有罪の評決が下った件を受け、家族や関係者がコメントを発表。

キャサリン&ジョー:
「私たちはこの瞬間を、本当に長い間待っていました。法廷内では、嬉し涙をこらえる事ができませんでした。息子を取り戻すすべはありませんが、正義はついに果たされたのです。早く帰宅して、今日という日をマイケルの子供たちと分かち合いたいと思います」。

ジョン・ブランカ&ジョン・マクレーン(MJエステート):
「MJエステートとマイケル・ジャクソン自身は、陪審制度が正しく機能する事を常に信じてきました。悲劇によってもたらされた裁判ではありますが、我々の見解は陪審団の評決と一致しています。今回の裁判では公正な裁きが為されました。マイケルは日々惜しまれていますが、彼の才能と音楽は永遠に我々と共にあるでしょう。彼は『人類史上最高のエンターテイナー』なのです」。



10/31
アルバム「IMMORTAL」収録の「Immortal Megamix (Can You Feel It / Don't Stop 'Til You Get Enough / Billie Jean / Black Or White)」が、公式サイトで先行公開された。



10/28
ソニー・ミュージックが、11月23日発売のアルバム「IMMORTAL」の新たなトラックリストを公開。収録曲数が2枚組デラックス・エディションは27曲に、通常盤は20曲に。

「IMMORTAL」デラックス・エディション
DISC-1
01. Working Day And Night
02. The Immortal Intro
03. Childhood
04. Wanna Be Startin' Somethin'
05. Shake Your Body (Down To The Ground)
06. Dancing Machine / Blame It On The Boogie
07. Ben
08. This Place Hotel
09. Smooth Criminal
10. Dangerous
11. The Mime Segment: (I Like) The Way You Love Me / Speed Demon / Another Part Of Me
12. JACKSON5 Medley: I Want You Back / ABC / The Love You Save
13. Speechless / Human Nature
14. Is It Scary / Threatened
15. Thriller

DISC-2
01. You Are Not Alone / I Just Can't Stop Loving You
02. Beat It / State Of Shock
03. Jam
04. Planet Earth / Earth Song
05. Scream / Little Susie
06. Gone Too Soon
07. They Don't Care About Us
08. Will You Be There
09. I'll Be There
10. Immortal Megamix: Can You Feel It / Don't Stop 'Til You Get Enough / Billie Jean / Black Or White
11. Man In The Mirror
12. Remember The Time / Bad

「IMMORTAL」通常盤
01. Working Day And Night
02. The Immortal Intro
03. Childhood
04. Wanna Be Startin' Somethin'
05. Dancing Machine / Blame It On The Boogie
06. This Place Hotel
07. Smooth Criminal
08. Dangerous
09. JACKSON5 Medley: I Want You Back / ABC / The Love You Save
10. Speechless / Human Nature
11. Is It Scary / Threatened
12. Thriller
13. You Are Not Alone / I Just Can't Stop Loving You
14. Beat It / State Of Shock
15. Jam
16. Planet Earth / Earth Song
17. They Don't Care About Us
18. I'll Be There
19. Immortal Megamix: Can You Feel It / Don't Stop 'Til You Get Enough / Billie Jean / Black Or White
20. Man In The Mirror



10/26
「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」の出演者リストに、ユーコ・スミダ・ジャクソン、仲宗根梨乃、Crystal Kay、JUJU、トータス松本が追加された。



10/25
米経済誌フォーブスが今年の著名人長者番付を発表し、マイケルが2年連続で故人ランキングのトップに。過去1年間で1億7000万ドル(約129億円)の収入があったとされ、現役のミュージシャンを含めても1位のU2(1億9500万ドル・約148億円)に次いで2位となった。



10/22
アルバム「MICHAEL」収録のマイケルとエイコンのデュエット「Hold My Hand」が、2011ソウルトレイン・アウォードの年間最優秀レコード部門にノミネート。授賞式は11月17日にアトランタのフォックス・シアターで行われる。



10/9
「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」の発表記者会見がロンドンのクラリッジス・ホテルで開かれ、キャサリン、ジャッキー、ティト、マーロン、AIらが出席(写真)。

コンサートは、ダンスでメッセージを伝える「ダンスステージ」、日本やアジアのアーティストがマイケルの歌を披露する「ソングステージ」、そしてジャクソンズ(ジャッキー、ティト、マーロン)とAIのコラボレーションの、3部構成で行われる。ジャクソンズ名義での来日公演は今回が初。現時点で出演が決定しているのは、AI、ジュディス・ヒル、ケント・モリ、トラヴィス・ペイン。13、14日それぞれの出演アーティストの発表は10月中旬を予定しており、2日間で合計2万人の集客を見込む。

コンサートはマイケルの生前のチャリティー精神に基づき、東日本大震災で被災した子供たちの救済を目的としており、収益金はあしなが育英会へ寄付される。また、AIが歌うテーマソング「Letter In The Sky feat. The Jacksons」は、10月10日からレコチョクで先行配信開始、12月14日にシングル一般発売。

ジャッキー:
「僕らをまた日本へ呼んでくれて、弟をこうして祝福してくれて嬉しいです。地震で被災した人々、親や家を失った子供たち…そういった子供たちをコンサートへ招待し、笑顔にしてあげたい。僕にとって、みんな大切なんです。そういった子供たちは僕らのコンサートへ来て、楽しみ、笑顔になってほしい」。

ティト:
「震災後間もなく日本を訪れました。とても温かく歓迎してくれて、観客からは何度も何度も感謝されました。今回は兄弟、母、他の家族も一緒に日本の人々と手をつなぎ、皆さんが愛されている事を知らせたいと思います。今回日本が経験したような災害が起きると、人々の一体感を感じます。大切なのは、イギリス人であろうとアメリカ人であろうと何であろうと、僕らはひとつという事。僕らはみんな人間。人種などというものは『人間』という1種類しかないのです。日本の人々を兄弟姉妹のように誇りに思っています。お招きありがとうございます」。

マーロン:
「日本へ戻れて嬉しいです。僕が最後に日本を訪れたのは1985年、USAフォー・アフリカの一員として日本テレビと仕事をした時でした。楽しい時間を過ごしました。日本での思い出といえば、ファンが僕の家族をいつも応援してくれていた事。本当に感謝しています。みんなの応援がなかったら、今の僕らもなかったでしょう。日本の人々の、ひとつになろうとする友好的な態度に注目しています。こういう災害時にはひとつになり、互いをいたわり合い、子供たちを助けましょう。子供たちは僕らの未来。正しい道へ導いてあげる者がいなければ、自分たちの居場所すら分からなくなってしまいます。子供たちが素晴らしい人生を送れるよう、素晴らしい世界で成長できるよう、正しく導いてあげなければなりません。世界がひとつになりましょう。平和を学びましょう。子供たちが平和に暮らせるように。僕らの音楽で人々を笑顔にしてあげられるコンサートを楽しみにしています。それこそが僕らにできる事。人生は自分が何を得たかではなく、他人に何をしてあげられたかで決まるもの。ありがとうございます」。

キャサリン:
「日本の人々とお会いできて嬉しいです。日本の人々は私たちに非常に良くしてくれました。日本の地震のニュースを聞き、とても悲しい気持ちになりました。マイケルがいてくれたら、必ずや何かをしてくれたはずです。息子は子供たちを愛していました。多くの子供たちが孤児となった事を、とても気の毒に思います。もう息子たちが語ったのであまり多くは語りませんが、マイケルへの長年の献身的な応援に感謝します。彼はいつもファンへの愛を口にしていました。ファンがいなければ、方向性を見失っていただろう、と。息子たちがまた日本でステージに立てる事を感謝します。ありがとうございます」。



10/8
「Michael Forever: The Tribute Concert」が、カーディフのミレニアム・スタジアムにおよそ5万人の観衆を集めて開催された。ジャクソン一家からは、ジャクソンズ(ジャッキー、ティト、マーロン)、ラトーヤ、3Tが出演。プリンス、パリス、ブランケットも、ビヨンセ(ビデオ出演)の紹介役としてステージに立った(写真)。



10/6
12月の「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」に関する記者会見が、ロンドンのクラリッジス・ホテルで9日正午(日本時間20時)から行われる。ジャクソン一家からはキャサリン、ジャッキー、ティト、マーロンの他、出演が決定しているAIが出席予定。同公演にスーパーバイザーとして関わる西寺郷太が司会を務める。会見の模様はUSTREAMで生中継。



10/5
ブラック・アイド・ピーズは8日に開催される「Michael Forever」への出演を「やむにやまれぬ事情」のためキャンセル。



10/3
エピック・レコードとMJエステートが、ニューアルバム「IMMORTAL」を11月21日(国内盤:同23日)にリリースすると発表。これはシルク・ドゥ・ソレイユのミュージカル「Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour」のサウンドトラック盤で、同公演の音楽デザイナーを務めるケヴィン・アントゥーンズが合計42曲におよぶマイケル、ジャクソン・ファイヴ、ジャクソンズの曲を再構築。「ABC」の別テイクや、「They Don't Care About Us」の未使用コーラスなどのレア音源も盛り込まれているという。22曲入りの2枚組デラックス・エディションと15曲入りの通常盤の、2種類が発売される。

ケヴィン・アントゥーンズ:
「我々の時代における最も偉大なエンターテイナーとしてマイケルが遺してくれた影響力は、言葉では言い表せません。マイケルの歌声と音楽的本質が、このプロジェクトを推し進める原動力であった事は初めから明らかでした。スタジオ内でもステージ上でも、マイケルのヴォーカル表現力は非の打ちどころのない高潔さと、揺るぎない真実とをあわせ持っており、そこが『IMMORTAL』でのアレンジの目玉でもあります。マイケルの音楽、彼の家族、そして世界数百万の彼のファンのため、愛と敬意を込めて創り上げました」。

「IMMORTAL」Deluxe Album:
01. Working Day And Night
02. The Immortal Intro
03. Childhood
04. Wanna Be Startin' Somethin'
05. Shake Your Body (Down To The Ground)
06. Dancing Machine / Blame It On The Boogie
07. Ben
08. This Place Hotel / Smooth Criminal / Dangerous
09. The Mime Segment: (I Like) The Way You Love Me / Speed Demon / Another Part Of Me
10. J5 Medley: I Want You Back / ABC / The Love You Save
11. Human Nature / Speechless
12. Is It Scary / Thriller / Ghosts / Somebody's Watching Me / Threatened
13. You Are Not Alone / I Just Can't Stop Loving You
14. Beat It / Jam / State Of Shock
15. Earth Song / Planet Earth
16. Scream / Little Susie
17. Gone Too Soon
18. They Don't Care About Us
19. I'll Be There
20. Immortal Megamix: Can You Feel It / Don't Stop 'Til You Get Enough / Billie Jean / Black Or White
21. Man In The Mirror
22. Remember The Time / Bad

「IMMORTAL」Single Album:
01. Working Day And Night
02. The Immortal Intro
03. Childhood
04. Wanna Be Startin' Somethin'
05. Dancing Machine / Blame It On The Boogie
06. This Place Hotel / Smooth Criminal / Dangerous
07. J5 Medley: I Want You Back / ABC / The Love You Save
08. Human Nature / Speechless
09. Is It Scary / Thriller / Ghosts / Somebody's Watching Me / Threatened
10. You Are Not Alone / I Just Can't Stop Loving You
11. Beat It / Jam / State Of Shock
12. Earth Song / Planet Earth
13. They Don't Care About Us
14. Immortal Megamix: Can You Feel It / Don't Stop 'Til You Get Enough / Billie Jean / Black Or White
15. Man In The Mirror



10/2
シルク・ドゥ・ソレイユのミュージカル「Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour」が、モントリオールのベル・センターで開幕。ジャクソン一家からは、キャサリン、ジャッキー、ティト、マーロンの他、ジャーファー、ジャーマジェスティ、プリンス、パリス、ブランケットが会場に姿を見せた(写真)。ツアーは12年7月まで北米47都市で公演を行い、その後は世界各地を回る予定。公式プレビュー映像はこちら

ジャッキー:
「何と言ってもマイケルはシルクの大ファンだった。彼はすべてのショーを観ていたよ。シルクとマイケルが一緒になれば、最高のものが期待できる。家族にとって『Gone Too Soon』の場面は特に感動的だった。母はどこかで号泣してるんじゃないかな」。

ティト:
「愛がいかに重要か、我々に教えてくれる。あれこそがマイケルのメッセージだ」。



9/29
MJエステートのハワード・ワイツマンがビルボード誌の取材に応じ、現時点でエステートは3枚のアルバムのリリースを計画しているという。それによると、シルク・ドゥ・ソレイユのミュージカル「Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour」のサウンドトラックを年内に、アルバム「Bad」25周年記念盤を12年にリリースする予定。また、未発表曲を集めたアルバムも計画中。ワイツマンは「新たな作品のみならず、沢山の新たな構想をも生み続けているという意味でも、マイケルの遺産は非常に活力にあふれています」とコメント。



9/25
「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」で、ケント・モリと共にステージに立つバックダンサーのオーディションが、東京(11月2日・日本武道館)と大阪(同6日・堂島リバーフォーラム)で開催される。選考は両会場ともキッズ部門(5歳〜中学生)、一般部門(高校生以上、経験問わず)、チーム部門(2名以上、人数・ジャンル問わず)に分けて実施され、ケント自身が審査委員長を務める。

1次審査の振付動画(The Drill)およびオーディションのエントリーはこちら(エントリー締切:東京10月30日、大阪11月2日)。



9/23
「Michael Forever」に、ブラック・アイド・ピーズ、ジェニファー・ハドソンも出演へ。ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムは「このショーは俺にとって非常に個人的で、感動的な夜になるだろう」とコメント。

ウィル・アイ・アム:
「マイケルの音楽、彼の偉大な歌は俺の人生において創造性の源であり、間違いなく少年時代のサウンドトラックだった。ロサンゼルスで育った6〜7歳の頃、街からほんの数マイルの所でマイケルはThrillerをレコーディングしていた。もちろんまだ知り合いではなかったけど、ファンとして彼を愛していた。ブラック・アイド・ピーズが有名になった4年前、彼から電話が来た日の事は忘れない。それから俺は彼と仕事をし、彼や家族と親しくなるという素晴らしい特権を与えられた。だからこそブラック・アイド・ピーズは10月8日、ミレニアム・スタジアムに出演しないわけにはいかない。俺たちは皆、マイケルに沢山の借りがあるんだ」。

マーロン:
「ブラック・アイド・ピーズが出演できる事になって、僕らもとても喜んでいる。マイケルはウィル・アイ・アムがやっている独創的な音楽を高く評価していた。お互いに尊敬し合える関係だったと言えるね」。



9/17
MUSIC ON! TV、ソニー・ミュージックエンタテインメント、キョードー東京が主催するマイケルへのトリビュートコンサート「MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE」が、12月13(火)・14(水)の2日間にわたって開催される。会場は、06年にマイケルが特別ゲストとして出演したMTVビデオ・ミュージック・アウォード・ジャパンの舞台ともなった、国立代々木競技場第一体育館

昨年MUSIC ON! TVで放送されたマイケル追悼番組「AI miss MICHAEL JACKSON 〜KING OF POPの奇跡〜」で進行役を務めたAI、ケント・モリ、トラヴィス・ペインらによるトリビュートパフォーマンスの他、メインアクトとしてジャクソン兄弟の出演を予定。このコンサートに関してMJエステートは、昨年秋に日本国内での開催を承認している。

両日とも19時開演。チケットはS席11,000円、A席9,000円。9月17日12時〜25日23時までイープラスにて先行受付。一般発売は10月29日10時より開始。



9/12
ユービーアイソフトのWii・プレイステーション3・Xbox 360用ソフト「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス」国内版が12月8日に発売される(税込6,279円)。Tシャツ付きスペシャルボックス仕様の限定版「マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンス リミテッドエディション」も同時発売(税込7,329円)。



9/11
「Michael Forever」の司会兼パフォーマーとしてジェイミー・フォックスの出演が決定。「グローバル・ライヴ・イベンツやジャクソン一家と共に、この素晴らしいイベントに参加できる事を大変誇りに思う。マイケルは伝説的な人物だった。彼を称賛し、尊敬し、ジョークのネタにする時もあったけどいつだって彼を愛し、敬意を表してきた。マイケルを笑わせたり泣かせたりできるような形で、彼の功績を称えられたらと思う」。



9/5
リビーとティトが、プロデューサーのデヴィッド・ゲストと共にマイケルへのトリビュートツアー「A Jackson Named Michael: Remembering A Legend」を計画中。ツアーは来年3月からイギリスを始めとするヨーロッパ各地を回る予定。ゲストによると、このツアーは楽曲演奏のみならず、マイケルにまつわるエピソードを語るトークショーや観客との質疑応答を交えたものになる模様で、マイケルと親しかった歌手のデニース・ウィリアムスも出演する。ティトの友人で、マイケルのソロ30周年記念コンサートのプロデュースも務めたゲストは、ドキュメンタリー映像「Michael Jackson: The Life Of An Icon」を10月に発売予定(日本版:12月)。

デヴィッド・ゲスト:
「ショーの大部分は、今まで明かされなかったマイケルの思い出やエピソードが語られる時間になるでしょう。私が今後発表する映像作品には収められていない貴重な映像も公開する予定です。5時間以上におよぶ未公開映像の他、キャサリンがゲイリーで育ったマイケルを回想したり、子供たち全員のエピソードを語る30分のレア映像もあります」。

ティト:
「このツアーで、ファンの皆さんとの距離を縮めるのを心から楽しみにしています。4人でステージに立つのは楽しい時間になるでしょう。笑ったり泣いたり、同時に皆さんを魅了するような、マイケルにまつわる楽しくて素晴らしいストーリーを用意するつもりです」。



8/29
マイケルの53回目の誕生日となるこの日、ジャネットはAP通信に寄せた短いコメントで、「Michael Forever」への参加は困難との見解を示した。「裁判のため、今回の兄へのトリビュートのタイミングは、私にとってあまりに厳しいものとなるでしょう」。



8/26
Ne-Yoの「Michael Forever」への出演が発表された。



8/24
マイケルの元マネージャー、フランク・ディレオ(写真)が22日に亡くなった。63歳。3月に心臓のバイパス手術を受けた後に合併症を起こし、一時危篤状態となるなど闘病生活が続いていた。

エピック・レコードのプロモーターとして活躍していたディレオは、84年にマイケルの依頼を受けてマネージャーに就任。ジャクソンズのVictoryツアーやマイケルのBadツアーのマネージメントを手がけた他、映画「Moonwalker」ではマイケルと共に製作総指揮を務めるなど、80年代のマイケルのキャリアを支えた。89年に突如マネージャー職を解かれたものの、05年には当時裁判中だったマイケルを支援するため法廷へ駆け付けるディレオの姿があった。09年のThis Is Itツアー開催にあたり、20年ぶりにマイケルのマネージャーに復帰していた。



8/22
ビヨンセの「Michael Forever」への出演が発表された。モータウン時代の曲を歌う予定で、スケジュールの都合により衛星中継での参加となるという。

一方、ヨーロッパ、オーストラリア、中国、ロシアなど35のマイケルファン団体が、グローバル・ライヴ・イベンツにコンサートの中止を求める公開書簡をフェイスブックに掲載した。「トリビュートの開催時期、チケットの価格、不明瞭な寄付金の行方、無謀な出演者選び、そしてジーン・シモンズの追加という侮辱。これらマイケルの名を汚す行為には、もはや我慢の限界を超えている。このコンサートが失敗するのは明らかである事を理解してほしい。マイケル・ジャクソンのためにも、このトリビュートはキャンセルすべきだ」。MJJコミュニティ管理人のゲイリー・テイラーは、ロイター通信の取材に対し「次々と最悪のミスが起きている。マイケルにふさわしいトリビュートになるとは思えない」と述べた。



8/16
グローバル・ライヴ・イベンツは「Michael Forever」へのKISSの出演を撤回。MJエステートを始め多くのファンからの抗議を受け、グローバル・ライヴのCEO、クリス・ハントはKISSへの出演要請を「不注意だった」として責任を認めた。「ジーン・シモンズによる残念な発言の数々に関して、マイケルファンの皆さんが我々に警告して下さった事を感謝します。KISSがたとえマイケルが称賛したバンドだったとしても、このような状況では彼らへの出演要請を取り消す以外に選択の余地はありません。ジャクソン夫人やご家族の皆さんへ、今回の不注意を心からおわびします。我々の一番の関心事はマイケルの名声を正当に評価する事であり、ご家族やファンの皆さんに、キング・オブ・ポップにふさわしいトリビュートだと認めていただく事です」。



8/15
グローバル・ライヴ・イベンツが「Michael Forever」の出演予定者に、KISSの追加を発表。だが、KISSのジーン・シモンズが「マイケルが児童虐待者である事に疑いの余地はない」との発言を繰り返している件を受け、複数のファンクラブやファン団体がコンサートへの不支持を表明。MJエステートのハワード・ワイツマンも、グローバル・ライヴに対し「公開質問状」の形で抗議文を送付した。

コンサートでは、マイケルの過去のワールドツアーに参加したミュージシャンたちが再集結してバンドを組むという。音楽ディレクターは、BadツアーからHIStoryツアーまでヴォーカリストとして参加したケヴィン・ドーシーが担当。



8/11
グローバル・ライヴ・イベンツが「Michael Forever」の出演者の一部を発表。クリスティーナ・アギレラ、レオナ・ルイス、スモーキー・ロビンソン、シーロー・グリーン、JLS、エイリアン・アント・ファーム、クレイグ・デイヴィッドの他、ジャクソン一家からもジャクソンズ、そして3Tなど「次世代のジャクソンズ」が出演予定だという。グローバル・ライヴのポール・リングは「今回の発表は序章に過ぎません。今後まだまだお知らせしていきます。このコンサートは様々な世代や音楽のジャンルをひとつにし、マイケルがいかに驚くべき才能の持ち主だったかを思い起こさせてくれるでしょう」と語る。



8/8
マイケルが描いたスケッチ12点とマイケルの写真1点が、ロサンゼルス小児病院へ寄贈された。記念式典にはキャサリン、ラトーヤ、プリンス、パリス、ブランケットが出席(写真)。ミッキーマウスやピーターパン、ムーンウォークなどが描かれたスケッチの中には、マイケルのサインと共に子供たちからのメッセージが書き込まれたものもある。これらの作品は、かつてマイケルと親交のあった芸術家のブレット・リヴィングストン・ストロングから提供された。両者は89年に芸術面でのパートナーシップ「ジャクソン=ストロング同盟」を結んだ事でも知られる。

ラトーヤは「これを見れば幸せな気分になれます。作品は一風変わっていて、不思議で、喜びと安らぎにあふれています。子供たちはこれを見て、ある種の喜びを感じると思います。同時に、私の弟も喜んでくれるでしょう。子供たちを助ける病院に自身の作品が掲げられ、マイケルにとってこれ以上ふさわしい場所はありません」とスピーチ。



8/4
「Michael Forever: The Tribute Concert」を主催するグローバル・ライヴ・イベンツは、コンサートの出演者発表を延期。その理由についてグローバル・ライヴは「出演契約の真っ最中で、まだ何もお知らせできない」としている。寄付金額に応じて席が割り振られるチケット購入システムの難解さも相まって、コンサートのフェイスブックツイッターには、ファンからの苦情や非難の声が寄せられている。



8/1
81年8月1日にスタートしたMTVの放送開始30周年を記念し、ビルボードが過去30年間にMTVでオンエアされた音楽ビデオの人気投票を実施。その結果、80年代部門では「Thriller」(監督:ジョン・ランディス、83年)が1位に、90年代部門では「Scream」(監督:マーク・ロマネク、95年)が2位に、00年代部門では「You Rock My World」(監督:ポール・ハンター、01年)が4位に、それぞれランクイン。



7/25
ジャクソン一家がビバリーヒルズ・ホテルで会見を行い、マイケルへのトリビュートコンサート「Michael Forever: The Tribute Concert」の開催を発表(写真=左から、キャサリン、ラトーヤ、ティト、ジャッキー、マーロン)。

グローバル・ライヴ・イベンツ主催によるこのコンサートは、10月8日にイギリスはカーディフのミレニアム・スタジアム(74,500人収容)で約4時間にわたって行われる予定。同スタジアムの前身、カーディフ・アームズ・パークでは、マイケルも88年7月および92年8月にコンサートを開催している。公演の模様は世界約30ヶ国に生中継され、一部では3D上映対応の映画館にも配信されるという。出演アーティストは後日発表。8月3日に再度会見を行い、同日からチケット販売開始。収益金はエイズ・プロジェクト・ロサンゼルス、プリンス・トラストへ寄付される。

キャサリン:
「これは世界規模のイベントなので、私も参加を決めました。出演が予定されているアーティストの顔ぶれを聞き、これはキングの名にふさわしいイベントになると思いました。息子がここにいてくれたら、彼も同じように感じていた事でしょう」。

ティト:
「彼が心から称賛し、敬服していたアーティストたちがこのイベントに集結するのを見れば、弟も非常に誇りに思ってくれるはずです」。

ラトーヤ:
「才能ある人物へトリビュートを捧げるのは素晴らしい。マイケルは比類なきエンターテイナーです。彼はチャリティーに多額の寄付をしてギネスブックに載りました。何としても、彼のチャリティーの精神を生かし続けたいと思います」。

一方、MJエステートはこのコンサートに関して「何の連絡も受けておらず、グローバル・ライヴとも関わっていない」とコメント。また、ジャーメインとランディは「コンサートを開催するには時期が悪い」として、それぞれのツイッターに共同声明文を掲載した。

「本日の会見にはジャクソン一家が出席し、コンサートへの支持が表明されました。しかしながら、これは家族全体の立場を反映したものではない事を明確にしておきたいと思います。マイケルに敬意を払うトリビュートの精神には、我々も心からの支持を表明しますが、マイケルの死をめぐる刑事裁判の最中にイベントを支持する事はできない、との結論に至りました。皆さんもご存じの通り、裁判は9月20日に始まります。コンサートは10月8日です。これを考慮するに、タイミングの悪い時期に行われるイベントと、その主催のグローバル・ライヴに関わるのは不適切だと感じます。

4月に行われたグローバル・ライヴとの協議では、イベント開催案が既決事項として家族に提示されました。コンサートをこのまま推し進めるのは、協議の席で我々が強調した意見や要望を軽視する行為です。マイケルへのトリビュートにふさわしい時と場所は、いずれ訪れるでしょう。しかし、今この時期に我々が捧げられる最も重要なトリビュートは、彼の名のもとに正義を追求する事です。ジャーメイン・ジャクソン&ランディ・ジャクソン」。



7/16
ギネス世界記録が、「全米トップ40に最も長い期間シングルを送り込んだアーティスト」として、マイケルを認定。これは、ビルボードの2011年1月1日付シングルチャートで「Hold My Hand」がトップ40位以内(39位)に入った事を受けてのもの。1971年11月6日に「Got To Be There」が初めてチャートインしてから、「Hold My Hand」までの39年2ヶ月という期間は、最長記録。



2011年・上半期のニュース

△INDEX