2011年・上半期



6/27
バリー・ギブが、自身のサイトに「All In Your Name」のレコーディング風景のパート3を追加。



6/25
バリー・ギブとマイケルが共演した「All In Your Name」(2002年)が、バリーの公式サイトでリリースされた。MP3形式で1.15ドル。「『All In Your Name』を世界中すべてのマイケルファンに捧げる。マイケルも僕もお気に入りの曲だ。みんなも気に入ってくれるといいな」と、バリー。



6/8
アルバム「MICHAEL」から3本目となるショートフィルム「Behind The Mask」が完成。日本時間6月14日午後10時からフェイスブック公式アカウントで公開される。同作品は世界103ヶ国のファンたちが応募した1,600個の動画を編集したもの。

監督のデニス・リュウは「これは僕が今まで関わった中でも、最もエキサイティングで楽しい企画だった。世界中の人々が一体となるのを見られるのは光栄だし、非常に感動的だった。マイケルの精神と比類なき芸術性のもとに、みんなのクリエイティヴな歌声、ダンス、音楽的才能が結集した。応募はサハラ砂漠から、ヴェニス・ビーチ、山頂、町外れの裏庭まで様々な所から寄せられ、ひとつのショットに100人以上が映っているものもある。参加者は、皆よくやってくれた」。



6/5
バリー・ギブが、自身のサイトに「All In Your Name」のレコーディング風景のパート2を追加。「準備が整い次第、曲全体を公開できるだろう」と、バリー。



5/31
アルバム「MICHAEL」からのシングル「Hollywood Tonight」が、ビルボードの6月11日付ダンス/クラブ・プレイソングチャートで、初登場から7週目で1位を獲得。マイケルが同チャートのトップに立ったのは、1995年7月15日から2週連続で1位を記録した「Scream」以来、16年ぶり。



5/23
ビー・ジーズのバリー・ギブが、自身のサイトでマイケルとのデュエット「All In Your Name」のレコーディング風景を公開。これは2002年12月、当時ビー・ジーズが所有していたマイアミのミドル・イヤー・スタジオで撮影されたもので、この模様を収めた映像は合計2時間以上におよぶという。



5/6
東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドが、昨年7月1日〜今年6月30日までの期間限定公開としていた「キャプテンEO」のレギュラーアトラクション化を発表。これにより、休止中だった「ミクロアドベンチャー!」は終了となる。オリエンタルランドは「より多くのゲストに『キャプテンEO』を体験していただきたい」とコメントしている。



4/28
シルク・ドゥ・ソレイユによる、マイケルをモチーフとしたミュージカル「Michael Jackson THE IMMORTAL World Tour」のラスベガス公演(12月3日〜27日、マンダレイ・ベイ・ホテル&カジノで33公演)の発表記者会見が開かれた(写真=左から、シルク・ドゥ・ソレイユ代表ダニエル・ラマー、マンダレイ・ベイ代表チャック・ボウリング、ジャッキー、MJエステート管財人ジョン・ブランカ、脚本・監督ジェイミー・キング)。

10月2日にモントリオールで幕を開ける同ツアーは、ラスベガスでの複数公演の他、2012年7月17日のクリーヴランドまで北米の各都市を、その後はヨーロッパ各地を回る予定。マンダレイ・ベイでの常設公演(タイトル未定)は2013年春頃になる見込みで、ツアーとは異なった内容になるという。



4/12
東日本大震災の影響で休園していた東京ディズニーランドが、4月15日から5週間ぶりに再開。節電対策のため営業時間は午前8時から午後6時まで。5月14日までは、入園料から1人あたり300円を義援金として日本赤十字社へ寄付する。



3/31
プリンス、パリス、ブランケットの3人が、ラトーヤと共にビバリーヒルズのSLSホテルで開催されたチャリティーイベントに参加(写真)。米国赤十字社による東日本大震災支援基金へのサポートを表明した。

ラトーヤはOKマガジンの取材に対し「私の弟、この子たちの父親は、自身の資産から4億ドルをチャリティーへ寄付しました。子供たちが父親の功績を知り、それを受け継ぎ、施しの精神を常に持ち続けるのは、とても大切な事だと思います。彼らは、自分たちにも日本を助けられないか、私に尋ねてきました。僕らの服を寄付できるかな?って。とても可愛らしかった」。ラトーヤは、今後もマイケルの遺志をチャリティー活動に生かし続けるべく、最善を尽くすという。



3/23
マイケルを公私両面にわたって支え続けた女優、エリザベス・テイラーが、入院先であるロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ病院で逝去。79歳だった。

ジャッキー:
「ご冥福を、エリザベス。あらゆる素晴らしい思い出をありがとう。あなたは、この物質界から旅立ったに過ぎず、永遠の命を手に入れたんだね」。

ジャーメイン:
「エリザベス・テイラーを失い、今日は悲しい日となった。実に素晴らしい女性だった。愛にあふれた思い出の数々、そして彼女が今は心安らかにあるという現実が、せめてもの慰めとなっている」。

ラトーヤ:
「今日、エリザベス・テイラーという伝説の人物を、私たちはまた1人失った。彼女は凄い女優だった。大いに惜しまれる事でしょう。ご遺族に哀悼の意を捧げたい」。



3/12
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震のニュースを受け、ジャッキー、ティト、ジャーメイン、ラトーヤがそれぞれのツイッターで日本へ向けたメッセージを発信した。

ジャッキー:
「被災されたファンの方々、彼らに通じるすべての方々にお悔やみを申し上げたい。日本での津波の犠牲者、世界各地で困っている人々、僕の心はそういった試練の時を迎えている人々と共にある」。

ティト:
「どうか日本のために祈りを捧げてほしい。昨日、僕がどれほどまた日本へ行きたがっているか話していたばかりで…その後、ニュースを聞いた。僕は日本の人々や文化を本当に愛している。世界中にとってかけがえのないものだ。日本の皆さん、僕らがあなた方を心から愛していると知ってほしい。ジャクソン一家もあなた方の悲しみを感じている…あなた方は世界に計り知れないほどの影響を与えてくれた。僕はこれからも祈り続ける。日本よ…あなた方は誇り高き国であり、国際社会に必要不可欠な一員だ。我が国も、できる限りの援助をするはずだ。この素晴らしき国のために、すべてのジャクソン一家のファンたちに祈りを捧げてもらいたい。日本よ…あなた方は独りじゃない。僕らがついている。心からの愛を」。

ジャーメイン:
「日本の人々のために、思いと祈りを捧げる」。

ラトーヤ:
「どうか、皆さんのすべての支援の祈りを日本へ捧げてほしい」。



3/10
ショートフィルム「Hollywood Tonight」が公開された。監督は1995年に「You Are Not Alone」を手がけたウェイン・アイシャム。



2/26
ビー・ジーズのバリー・ギブが自身の公式サイトで、マイケルと共演した未発表曲「All In Your Name」の一部(26秒)を公開。この曲は2002年にレコーディングされたもので、2004年に発売が予定されていたバリーのアルバムに収録する意向だったという。



2/24
MJエステートが、現在制作中のショートフィルム「Behind The Mask」と「Hollywood Tonight」の撮影風景を公開(写真)。



2/21
芸能情報サイトTMZ.comが伝えたところによると、現在ソニーはハリウッドで2本のマイケル関連映像を制作中。そのうちの1本「Hollywood Tonight」の撮影が、パンテージ・シアター前で60人の出演者と共に行われた。同シアターは、1995年にショートフィルム「You Are Not Alone」の撮影が行われ、1997年のエリザベス・テイラー生誕65周年祝賀会では、マイケルが「Elizabeth, I Love You」を歌った場所。

また、今回の撮影でマイケルのコスチュームで踊る女性はアルジェリア出身のダンサー、ソフィア・ブテラ。2009年にThis Is Itツアーダンサーのオーディションに合格するも、ケント・モリ同様にマドンナのツアーダンサーとして契約していたため、やむなく辞退した経歴を持つ。



2/17
デジタル・エンターテインメント・グループ・ジャパン(DEGジャパン)主催の第3回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞が発表され、審査員特別賞に「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」が選ばれた。これは昨年1年間に国内で発売されたブルーレイ作品を対象としたもので、「THIS IS IT」は「リハーサルの様子を繋げたものだが、音が非常に良く、その場の雰囲気をよく作っている」との評価を得た。



2/13
ロサンゼルスのステイプルズ・センターで第53回グラミー賞授賞式が行われた。最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス部門に「This Is It」がノミネートされていたが、同部門はブルーノ・マーズの「Just The Way You Are」が受賞した。



1/31
フランスで、アルバム「MICHAEL」からの第2弾シングルとして「Behind The Mask」がリリースされる模様。一方、イタリアやオーストラリアでは「Hollywood Tonight」をリリース。第1弾シングル「Hold My Hand」同様にショートフィルムの制作も予定されているという。



1/25
イギリスのソニー・ミュージックによると、アルバム「MICHAEL」からの第2弾シングルとして「Hollywood Tonight」がリリースされる。シングル盤の発売は3月初め頃になる見込み。同曲をプロデュースしたテディ・ライリーは自身のツイッターで、数曲のリミックスを制作した事を明かしている。



1/11
昨年12月15日に発売されたアルバム「MICHAEL」の国内累計売り上げ枚数が、4週目で10万枚を突破(106,499枚)。



1/5
ニューヨーク・デイリーニューズ紙が伝えたところによると、マイケルの元マネージャー、フランク・ディレオ(在職期間:1984〜89年・2009年)が書籍の出版を計画中。同書では、マイケルとの仕事、ジャクソン一家やMJエステートとの関係、アルバム「MICHAEL」の発売に向けた経緯、CBSレコード社長を務めたウォルター・イェトニコフやトミー・モトーラとの付き合いなどが語られる模様。

ディレオは、論争を呼んだカシオ・テープについて、MJエステートやソニー・ミュージックに対し注意を呼びかける立場にあったという。カシオ・テープ、MJエステートのジョン・マクレーンとジョン・ブランカ、そしてアルバム「MICHAEL」の制作過程に関する話は「本の中で伝える」として明言を避けたディレオだが、「あのアルバムの事となると、私を中傷する人々にはウンザリしている。何も隠し事はしていない。真実は語られるべきだ。世の中にはあらゆる事についてデマがはびこっている。私はきっぱりと誤解を解くつもりだ」と述べた。



2010年・下半期のニュース

△INDEX