よくある質問の回答

【パフォーマンスについての質問】

・ムーンウォークのやり方を教えてください。

言葉で説明するよりも、実際に見てマネて練習なさった方が良いでしょう。マイケルがムーンウォークをする姿はYouTubeなどの動画投稿サイトでも数多く見受けられる他、ショートフィルム「Jam」のラストシーンには、マイケルがマイケル・ジョーダンにムーンウォークの手ほどきをする場面も。

・マイケルと共演した事のある日本人ダンサーは?

ユーコ・スミダ・ジャクソン(隅田侑希子):
91年:ショートフィルム「Black Or White」出演、92〜3年:Dangerousツアー参加、93年:アメリカン・ミュージック・アウォード「Dangerous」、ソウルトレイン・ミュージック・アウォード「Remember The Time」出演、94年:ジャクソン・ファミリー・オナーズ出演、96年:ショートフィルム「Ghosts」出演。

トニーティー(七類誠一郎):
91年:MTV10周年記念ライヴ「Will You Be There」出演。

その他、09年のThis Is Itツアーオーディションに合格するも、契約上の都合により惜しくも辞退する事となったケント・モリ(森健人)などもいます。ちなみにショートフィルム「Bad」に登場する日の丸を着けたダンサーは、中国系のチャオ・メイ。「Smooth Criminal」に登場する扇子を持った女性ダンサーは、台湾人のシンデラ・チェーです。

・「Smooth Criminal」では、どうやって傾いているの?

映画「Moonwalker」劇中ではワイヤーを使った特撮でしたが、コンサートでこのシーンを再現する際には、靴底のかかと部分に開いた小さな穴を、床から突き出たフックに引っ掛ける事により傾いています。この特殊な装置(「アンチ・グラヴィティ・イリュージョン」)に関してマイケルは、92年6月に衣装デザイナーのデニス・トンプキンス、マイケル・ブッシュと連名で特許を申請しました(93年10月に認可)。ツアーダンサー選考時には、この傾きを維持できるかどうかが選考基準のひとつにもなったとか。

このイリュージョン、日本では何故か「ゼロ・グラヴィティ(=無重力)」の呼称が定着してしまいましたが、特許申請書類にもある通り正しくは「アンチ・グラヴィティ(=反重力)」です。

・マイケルのダンスに振付師はいるんですか?

マイケルは群舞を考案する際には、振付師を起用していたようです。例えば「Beat It」「Thriller」ではマイケル・ピータース、「Captain EO」ではジェフリー・ホーナディ、「Bad」ではグレッグ・バージ、ジェフリー・ダニエル、ジェロン・キャスパー・キャンディデイト、「Smooth Criminal」「Speed Demon」「Black Or White」「Will You Be There」「Blood On The Dance Floor」ではヴィンセント・パターソン、「Remember The Time」ではファティマ・ロビンソン、「Dangerous」「Scream」「Ghosts」ではラヴェル・スミス、トラヴィス・ペイン、「You Rock My World」ではリッチ&トーン・タローガ兄弟など。

これら一流の振付師たちがマイケルと共にアイデアを出し合い、数々の印象的なダンスを生み出したのです。

・マイケルは楽器を演奏するの?

コンサートでマイケルが楽器を演奏する事こそありませんでしたが、スタジオなどではキーボードやパーカッション、ギターなどを使いこなしていたそうです。アルバム「HIStory」や「Invincible」にもマイケルはプレーヤーとしてクレジットされています。ちなみにジャクソン・ファイヴ結成当初、マイケルの担当楽器はボンゴでした。

・マイケルが出演した映画を教えてください。

78年:「The Wiz」(スケアクロウ役)、86年:「Captain EO」(ディズニーランドの3D映像アトラクション)、88年:「Moonwalker」(初の主演作品)、96年:「Michael Jackson's Ghosts」(マエストロ、町長役)、02年:「Men In Black II」(エージェント就任を希望するエイリアン役)、03年:「Miss Cast Away」(エージェントMJ役、邦題「マイケル・ジャクソン IN ネバーランディングストーリー」)、09年:「Michael Jackson's This Is It」(最後のリハーサル映像)。

テーマ曲を提供した作品は、72年:「Ben」(Ben)、93年:「Free Willy」(Will You Be There)、95年:「Free Willy 2: The Adventure Home」(Childhood)、96年:「Get On The Bus」(On The Line)など。

・マイケルが出演したCMを教えてください。

73年:ポスト「アルファビッツ」(シリアル/ジャクソン・ファイヴ)、78年:ドクターペッパー「Be A Pepper」(ジャクソンズ)、81年:スズキ「ラヴ」(スクーター/日本)、84年:ペプシ「ストリート編・ライヴ編」(ジャクソンズ)、87〜8年:ペプシ「楽屋編・ライヴ編・追跡編」、89年:カリフォルニア・レーズン(マイケル・レーズン)、90年:LAギア(MJシューズ)、91年:ソニー「キララ・バッソ」(テレビ/日本)、92年:ペプシ「Dreams」、93年:ペプシ「I'll Be There」、96年:日本テレビ「日テレちゃん」(日本)、98年:イー・ソニック「ビデオ・ディスクベイビー」(VCDプレーヤー/台湾)など。

・右腕の腕章や指にテープを巻いている意味は?

80年代後半から、マイケルの上着やシャツの右腕部分には腕章を付けている様子が多く見られました。これは、世界中の子供たちを救済する使命に対する決意を表すものなのだそうです。同じ頃、マイケルはステージなどでパフォーマンスする際、右手の人差し指・薬指・小指の先に白いテープを巻くようになりました。これはマイケル曰く「僕のキャラクターを際立たせてくれる」、いわゆるおまじないのようなものなのだとか。


△ FAQ INDEX